2017.031234567891011121314151617181920212223242526272829302017.05
   Homeスポンサー広告あらすじ>第2話 ディスコミュージックはお好き? ★あらすじ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2話 ディスコミュージックはお好き? ★あらすじ

グリー部が目障りなスーはウィルを呼び、「グリー部員は5.5人(車椅子のアーティは0.5(^ー^;))だが、州大会に出るには12人必要だ、州大会に出られないと廃部だからアンタを私の助手にしてやる」と言う。ウィルは部員を集めるために全校集会でパフォーマンスをすると決め、曲は'93年に自分が全国大会で優勝した時に歌った「Le Freak」に決める。古臭い歌だと嫌がるグリー部員達。テリは姉にこのアパートでは子育ては無理と言われ、家族の夢の為に家を買おうとウィルに迫る。資金が苦しいが、バイトしてでも夢を叶えようと決心するウィル。
以下ネタバレ------------------------------------------------------------------------

最新の曲を歌いたいグリー部員のためにカニエ・ウエストの「Gold Digger」を用意したウィルだが、集会で歌う曲は「Le Freak」から変えようとしない。ソロはフィンだと、また勝手に決めるウィル。フィンは自信がない。

クインのように痩せたいレイチェルは、トイレで吐こうとしてエマに見つかる。自分が好きな人の眼中にないと言うレイチェルに、エマは好きな人と共通の趣味をもてば進展があるかもしれないとアドバイスする。全校集会に頼らず部員を集めるため、レイチェルとフィンは部員募集のチラシを作り、チア部専用のコピー機を使用して印刷するがスーに見つかってしまう。スーは激怒するが、校長は穏便に済ます。面白くないスー。レイチェルは「Le Freak」を歌うのは自殺行為だとウィルに訴える。ウィルはチラシを貼るのはダメ、集会で歌う曲も変えない、みんなディスコが好きだと取り合わない。

フィンと一緒にいたいレイチェルは、クインが部長の禁欲クラブに入部する。風船を純愛に見立てたゲームに飽きれたレイチェルは「高校生に禁欲は無理、女の子も男と同様SEXが好きよ!」と言い放つ。

グリー部で忙しいのでバイトが出来ないと言うウィル。テリは夢のマイホームの為に身を削って働いているのに・・・努力はいつ報われるの?とウィルを責める。用務員をリストラした為、床を掃除している校長を見かねて、ウィルは用務員のバイトを半額の給料で請け負う。用務員のバイト中のウィルを見かけたエマはウィルの仕事を手伝う。それを見ていたケンは不倫だけはよせとエマに忠告し、高望みせず俺を見てくれと言う。

レイチェルはウィルには内緒で、集会でやる曲を皆が興味あるSEXの曲に変えようと提案。グリー部は全校集会で「Push It!」をきわどいダンスで歌う。生徒は喜んで拍手喝采するがスーとPTAは激怒。スーはウィルに辞職を迫るが、校長は生徒は喜んでいたと庇う。しかし今後はリストアップされた家庭的な歌だけを歌うように命じる。謝るレイチェルを、君のせいで台無しだと叱るウィル。

用務員の仕事をエマが手伝うと思い込んでいるウィルに、エマはケンとデートすると告げる。テリは病院で想像妊娠だとわかるがウィルに言い出せず、赤ちゃんは男の子よ、と言ってしまう。そして新しい家はいらないから用務員はやめてと言う。喜ぶウィル。

もっと歌が上手くなりたいと、レイチェルと一緒に練習していたフィンは、君はクールだとレイチェルを褒める。いい雰囲気になった二人はキスをする。しかし××(自主規制(^ー^;))してしまったフィンはそそくさと去ってしまう。グリー部でフィンとレイチェルが近づくのに危機感を覚えたクインは、チアリーダーの仲間2人と共にグリー部に入部する。スーはクインに私のスパイになってグリー部を内部崩壊させろと言う。ウィルはクインにソロパートを任せ、レイチェルはフィンの事もあり落ち込んでしまう。

Comment

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://hikarino2010.blog38.fc2.com/tb.php/22-5dd08238
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。