2017.09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017.11
   Homeスポンサー広告感想>第3話 彼らの名はアカフェラス ★感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第3話 彼らの名はアカフェラス ★感想

私のお気に入り、漫画顔のハワード君がまた出演してくれました!
イエイ!
地方の土産物屋に売ってる人形のような顔でキャラがたってる上に、素晴らしい美声!神は二物を与えたのですね。まさかハワードがこんなに上手いとは思いませんでした。このドラマはどんな役でも歌の上手い役者を揃えてるんですね。非モテの見本みたいなケンの、あの魅惑のボイス!なんか2割り増しでカッコよく見えました。初期メンバーの"Poison"はまた聞きたいです。また出番ないかな。

アカフェラスの歌もよかったけど、今回の見せ場は何といってもメルセデスの"Bust Your Windows"。やっぱ黒人には適いませんってカンジの堂々たる歌いっぷり。あんなにパワフルに歌われると、なんだかスカッとします。バックで踊るチアリーダーもモデル級のルックス揃いでゴージャスなパフォーマンスでした。

glee_ep_20.jpg

「キスしたことある?」の問いに「自分のカワイイ肘になら」って答えでカートがゲイだってわかりそうなものですけど、腕を組んで励ましてくれたら嬉しいですよね。「人生は毎日おしゃれのチャンス」っていう前向きなセリフもよかったです。メルセデスは失恋したけど友達としてならカートは最高じゃないですか。レイチェルと上手くいくといいねと言えるメルセデスもいい子ですね。カートもメルセデスだからゲイだと告白できたんでしょうね。告白するカートの顔は真に迫っていて、胸を打ちました。

今回のスー先生の名言
ワキのにおいをかいでみな。それが惨敗のにおいさ。
どっからそんな発想が出てくるんでしょうか?スー先生最高です!でもそんなこと言うからクインに見限られた?スー先生に自信がないと見破ったクインは、カワイイだけじゃなく誠実さも持ち合わせていたみたいで、今後グリー部側につくのかな?しかしスー先生には改心しないで極悪道を突っ走ってもらいたいものです。

それにしても両手の親指を切断した人に「two thumbs up!」のケーキを食べさせるなんて、ライアンらしい毒気を感じます。あの振り付け師ダコタの毒舌ぶり!フィンにゴリラって・・・ダコタもキャラ立ちすぎです。よくあの俳優みつけて来ましたね。レイチェルに「私より小さいのね」と言われて「わずかにね」と返すのも可笑しかった。

最初にお母さんが出た時、あれ?初回で写真が飾ってあったグリー部の顧問?と思いましたが違う女優さんですかね。今後のことを考えて、あのお母さんも歌が上手いのかもしれないし、校長やスー先生もいつか歌を披露してくれるかもしれませんね。楽しみです。あ~でも私はもう一度、ハワード君の美声が聞きたいな~

カーメル高校の花形アンドレアはSYTYCDで審査員のデビー・アレンの娘さんだそうです。親子でショービズ界で活躍してるんですね。Gleeはこだわりのキャストですね~

Tag:ジョシュ・グローバン

Comment

Secret

Trackback

この記事のトラックバックURL
http://hikarino2010.blog38.fc2.com/tb.php/29-6446c62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。